« JASON MARKK(ジェイソン マーク)の使い方
メッシュ素材編
| トップページ | シューグーを好きな色にカスタマイズして補修する方法 »

2010年11月 2日 (火)

AIR FORCE 1は壊れない!?

7月の移転作業の際に3足のスニーカーが壊れてしまいました。

01
そのうちの1足が「AIR FORCE 1 LOW INSIDE OUT ALBIS PACK

2005年製でウレタン素材ではないものです。
ソールが半分剥がれてしまいしました。
AF1LOWはソールの硬化や履き口の合皮部分の劣化は見てきましたが、こんな壊れ方は初めて見ました。
AF1LOWはDUNKやAJ1のように長く履けるスニーカーですが、クリアソールの物は接着だけなので皆さんも十分に注意した方が良いです。

1_2
今回はSHOE GOO自然色を使って修理します。

Dsc_4240
1.剥がれてしまった接着部分のホコリをブラシ等で落とします。

Dsc_4244
2.シューグーを適量盛ります。

Dsc_4245
Dsc_4249
3.ヘラ等でシューグーを伸ばします。

Dsc_4250
4.圧着させる為に中に新聞紙等を詰めます。

Dsc_4254
5.シューレースなどでアウトソールと本体を縛り圧着させます。

Dsc_4414
6.48時間程置くと本体とアウトソールが接着されます。
今回は剥がれがひどかったので一度では接着できませんでした。
先端部分はまだ手をつけていません。

Dsc_4418
7.ヘラ等で先端部分にシューグーを塗り込んでいきます。

Dsc_4443
Dsc_4440
8.シューレースで縛り圧着させます。

Dsc_4714
Dsc_4712
9.48時間ほど置くと修理完了です。
少しはみでてしまいましたがまた履く事ができるようになりました。

そのうちこういったスニーカー専門にリペアが出来るSNEAKER GOOなんて商品が出来たら面白いと思います。
同じ悩みを抱えたスニーカー好きは世界中にたくさんいるでしょうから。

当店で取扱中のSHOE GOO製品はこちらです。

|

« JASON MARKK(ジェイソン マーク)の使い方
メッシュ素材編
| トップページ | シューグーを好きな色にカスタマイズして補修する方法 »

SHOE CARE GOODS」カテゴリの記事

SHOE GOO」カテゴリの記事